部活やスポーツに関連して発生するケガ(外傷、障害)の治療を行います。
スポーツ障害は、痛みが生じる部位だけの問題ではなく、競技特性における身体の使い方に問題がある場合が多くみられます。
痛みの部位だけでなく、そこになぜストレスが生じているのかを、全身の状態から判断し治療を行います。
捻挫や骨折など、競技復帰に時間がかかる場合は、チーム事情を考慮したうえで、最善の治療計画を提案し、競技復帰まで出来る限りのサポートを行なっていきます。

 

当院スタッフについて:
スポーツ整形外科担当スタッフは全員がスポーツ経験者であり、選手目線の考え方も重視しています。スポーツ現場でのトレーナー活動を行なっているスタッフも多数在籍しています。
院長も様々なスポーツ経験者であり、ラグビーでは国体出場経験もあります。スポーツドクターとしても、ラグビー高校日本代表やラグビー女子日本代表などの海外遠征帯同経験も豊富です。

 

スポーツ選手のサポートも行っています(準備中)
⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎